美容液と化粧水の使い分けで美容効果を上げよう

女の人

美容液と化粧水

女性
美容液と化粧水の違い 美容液と化粧水は似ていますが、成分量や原料を確認するとその違いは明確になっています。化粧水は肌へ浸透させるために主成分のほとんどが水分になっており、美容液は化粧水よりも成分が濃いものとされています。
化粧水の役目と使い方 化粧水は肌荒れや敏感肌の方でも使用する事が出来るほど低刺激性になっています。またビタミンCなどは水溶性になっているので化粧水に配合しやすく、栄養をしっかりと内部に浸透させることが出来るのです。
美容液の目的は保湿 美容液は化粧水よりも成分が高濃度になっており、化粧水と違って主成分が水でないことが多いです。そのため、美容効果の高い成分が多く含まれている美容液を化粧水の後に使用することで成分を逃さないようにすることが出来ます。
美容液は化粧下地にもなる 美容液は化粧水よりも肌につくので化粧下地に使われることもあります。通常の化粧下地よりも美容液を利用したほうが肌のケアにもなりますし、肌自体のダメージを軽減することが出来ます。
美容液だけではいけない理由 化粧水よりも美容液のほうが効果的と言う方々は多いですが、美容効果のある成分の多くは水溶性になっているのでどうしても化粧水の存在が欠かせないのです。化粧水と美容液を併用することが一番ベストと言えます。

美容液と化粧水の中間「化粧液」

化粧水ほど水っぽくなく、美容液ほどとろみがない、化粧液と呼ばれる化粧品があります。この化粧液は美容液と化粧水の良い所を取っている化粧品になっており、効果としても高いと評判を集めています。

広告募集中